『スピリットは目覚めようとしている』

今日、お友達で、クエストカフェ・インタビューにも登場いただいている
大空夢湧子さんとミーティングしてたんですが、いろんな面白いお話になって、
ご存じの方も多いかと思いますが、夢湧子さんは、通訳のプロフェッショナルで、
本の翻訳などもされていて、ビジョン心理学のトレーナー、カウンセラーでもあります。

大空夢湧子さんのクエストカフェ・インタビュー
http://www.questcafe.jp/interview/interview_vol054.html

ホ・オポノポノのヒューレン博士、ビジョン心理学のジャン・ポルスキー博士、
NLPのロバート・ディルツ博士、エリクソン催眠のスティーブン・ギリガン博士などの通訳をされています。

さすがに、そうそうたる素晴らしい先生方の通訳をされているだけに、
夢湧子さん自身も深く、その世界を理解されていて、
単なる通訳を超えて、その意を汲んで、身体に染みいるように伝えてくれます。

そんな夢湧子さんといろいろと話しているうちに、
エリクソン催眠のギリガン博士のお話になって、
博士が言う「ジェネラティブ・セルフ=生成的自己」についてのお話の中で、
『スピリットは目覚めようとしている』と表現されることについて、
とっても興味深かったので、それについて話していた時、
素晴らしい気づきがありました。

それは、ギリガン博士が言う『スピリットは目覚めようとしている』というのは、
うまくいかない自分や感情的になってしまう自分、
怖れや不安、怒りを感じる時、興奮してハイテンションになっている時など、
本来の平常な状態、自分の本来の中心にいない状態の中で、
自分で自分をコントロールしがたい状態の時とは、
この『スピリットが目覚めようとしている』時であって、

多くの場合、そういう自分の感情を否定したり、抑制しようとするわけですが、
本来すべきは、そういう状態の自分が内側にいて、それが現れ出ようとするときに、
それを未成熟な赤ちゃんのようなスピリットと捉えて、
そのスピリットが自分の意識を通して現れ出ようとしていると考え、
スピリットをこの世界に送り出してあげるということが大事だと。

この暴れん坊でやんちゃなスピリットを否定したり、押さえつけて、
コントロールするのではなく、大きなハートでそっと迎え入れてあげて、
それを肯定し、理解してあげることで成長し、
そうすることで、スピリットは成長して、大人になって自ら解き放たれていく、
また、巣立っていく。。。そうした考え方を持っているということです。

この考え方はすごく面白くて、直感的にピンときました。

やはり、自分は見たくない、自分が嫌いな部分を受け入れたくなくて、
そんな自分を自己否定し、自分のそんな部分を
愛することができない人は多いものです。

そうすることで、結局その感情は、再び抑圧され、心の奥底に沈み込んでいきます。
そうして、また同じような状況が訪れると、再び浮上してきて暴れるわけです。

誰にでも間違いはあり、うまくいかなかったこと、
振り返って後悔したり、反省したりといろいろと
思い出したくもない失敗も数多くあります。

自分の中には、いろいろな自分の一部としてのスピリットが眠っていて、
いつも成長したいと思っている。

そうした自分のスピリットを、自分の大切な我が子として受け入れ、
包み込んであげる。受け入れ、理解してあげると、
それは手放すことができて、手放すことで、
本来の自分、本当の自分へと戻っていきます。

『スピリットは目覚めようとしている』
自分を癒やす・・・素晴らしい言葉だと思います。

画像

広告

『スピリットは目覚めようとしている』」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中